ドロップチューニングって何?

October 13, 2018

バイトーン音楽教室

 

ギターのチューニングはレギュラーですか?レギュラーチューニングは6弦から

 

E A D G B E

 

となってます。このチューニングが1番多いと思いますが、メタルやミクスチャーやハードロックなど、ラウド系音楽のギタリストはチューニングを下げてる方も多いかと思います。

 

レギュラーチューニングを半音下げ、1音下げ、1音半下げと、全弦を落とすダウンチューニングは、下げれば下げる程、音が低くなるので、ラウドミュージックの命でもある低音が強調されヘビーなイメージの曲に相応しいという感じです。

 

そんな低音を強調するチューニングに、6弦だけを1音落とすドロップチューニングというのがあります。このドロップチューニングですがレギュラーチューニングでも簡単にできますので、やった事ない方は1回やってみても良いかと思います。

 

レギュラーチューニングで6弦「E」の音を1音下げの「D」にするだけです。

 

こうすると「ドロップD」となります。6弦だけ1音下げ  5〜1弦はレギュラー。

 

この時のコツですが、6弦の解放弦を4弦の解放弦に合わせてチューニングするといいと思います。4弦の解放はDなので。そして戻す時は1弦の解放(E)でチューニングを合わせるとすぐ元に戻ります。

 

ドロップチューニングの最大のメリットは、6弦を1音下げるので6.5弦パワーコードが1本の指で押える事ができます!例えば普通のGパワーコードの押さえ方はこうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2本の指を使ってます。ですがドロップにすると6弦が1音下がってるのでこうなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本の指でパワーコードが押えられるのでパワーコードの速弾きなども難無く弾く事が可能になってきます。

 

しかも既に5.6弦の開放弦でパワーコードの状態になっているので指を使わなくてもパワーコードが弾けるので凄い便利です!!他にも

 

「ドロップC#」6弦1音半下げ 5~1弦半音下げ

「ドロップC」 6弦2音下げ 5~1弦1音下げ 

 

などもありますが、まずは「ドロップD」を試しに弾いてみてください。今までにないサウンドが楽しめます。

バイトーン音楽教室

 

 

Rock、HardRock、Punk、Ska、Blues、MixtureRock、​等のギターを中心に、生徒様に合わせた、本格的なレッスン♪初心者大歓迎!!

 

◎自由予約制 ◎選べるレッスン場 ◎個人レッスン ◎レッスン教材プレゼント◎弾きたい​譜面が無料 ◎初心者OK

 

■ギタースタジオレッスン

 

■ギターオンラインレッスン

 

■無料体験レッスン受付中

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 1, 2018

November 30, 2018

November 29, 2018

November 28, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索