top of page
  • 小林

耳に残る作曲


楽曲制作の仕事でよく来る注文があります。 

「耳に残る曲、1回聴いたら忘れられないメロディを作ってください。」この注文は確実に作家なら誰もが経験のある注文だと思います。子供から高齢者の方まで皆が唄える曲。皆から愛される曲というわけですが、ここのバランスがかなり難しいです。子供や高齢者の方に合わせ簡単なメロディにしてしまうと、 CDや音源を一番活発的に購入する10代、20代の若い年齢層の方達には物足りなく感じてしまうので、ただ単純に4分音符を並べるだけとか、bpmを下げれば良いという簡単な事ではありません。ここが難しいところです。そこで僕のオススメ作曲方法の1つをご紹介します。

各企業のCMフレーズからヒントを得て作曲

例えば「ヤマーダ電気♪」とか「あなたとコンビニファミリーマート♪」とか「いいことあるぞーミスタードーナツ♪」とか「フジー サファリパーク♪」などなど一度は聴いた事のあるワンフレーズ。因みに 「ヤマーダ電気♪」は僕の大好きなさま~ずのお二人が考えたワンフレーズです。メロディをそのまま使うと著作権問題になりますので、僕のオススメはリズムの特徴を取り入れる作曲です。「ヤマーダ電気♪」なら「タタータタンタン」みたいな感じであとはそのリズムにオリジナル メロディを付け足します。特にサビ頭が一番重要ポイントとなりますので、僕はサビ頭で耳に残りやすいリズムを使う事が多いです。そして繰り返しも大事です。もちろんメロディもコードトーンを中心にしたり、あえてM7から入ってお洒落にしたり全音符で音を伸ばして