歯切れの良いカッティング

バイトーン音楽教室

僕はカッティングが大好きです。特に歯切れの良いカッティング。聴いて

「うわー!気持ちいいー!」

となります。今日はこの「歯切れの良さ」を説明しようと思います。

そもそもカッティングとは、ブラッシングやミュートを使い、出したい音をキレ良く聴かせる奏法です。

例えばこんなカッティング↓

赤丸内バツ印の部分がブラッシング(ミュート)部分になります。この時のミュートですが、ネック側の指でやります。なので、押し弦してる指の形のまま、力を少し抜くだけです。弦から指を離すと開放弦が鳴ってしまうので、指は弦についたままです。

この譜面通り弾くと、Cコードの指の形を変えず、ネック側の指の力だけを、

「抜く、力入れる、抜く、力入れる、抜く、力入れる、抜く、力入れる」

を繰り返すだけです。ピッキングはダウンでも、ダウンアップ(オルタネイト)でもOK。

そして大事なのが、押し弦(力入れる)の長さです!ここで歯切れ良さが激変してきます。

まず、歯切れの悪いカッティング。、棒線で例えるとこんな感じ↓

そして歯切れの良いカッティングはこんな感じ↓

簡単に言うと、歯切れの良いカッティングはつま先でチョンチョンと進む感じ。

逆に歯切れの悪いカッティングは、足のかかとをしっかり地面につけて、ベタベタと進む感じです。

スタッカートで弾くかどうかの違いですが、譜面に記載されてない事も多いので、キレを出したい時は、つま先でチョンチョンするイメージで弾いてみてください。

そしてそして、もっとキレ良くしたい方!更に良い方法があります。押し弦する時ですが、

ハーフミュート音を狙ってください。

力加減が難しいと思いますが、本当ーーーーーに少しだけ力を入れる感じです。譜面にすると、

色がかなり薄いです。先程の歯切れの良いカッティング(つま先でチョンチョン)の力加減が10だとすると、更に歯切れの良いカッティングは5くらいです。つま先の皮で、

「ピッピッ」って感じです。

ほとんどブラッシング音と大差ない感じになるのですが、合わせて弾くと凄いキレ良く聴こえます。

ですので、押し弦の長さではなく、押し弦の力加減でキレを出す。といった感じです。

動画でも解説してますので、良かったら動画で確認してみてください。

バイトーン音楽教室

Rock、HardRock、Punk、Ska、Blues、MixtureRock、​等のギターを中心に、生徒様に合わせた、本格的なレッスン♪初心者大歓迎!!

◎自由予約制 ◎選べるレッスン場 ◎個人レッスン◎レッスン教材プレゼント ◎弾きたい​譜面が無料 ◎初心者OK

■ギタースタジオレッスン

■ギタースカイプレッスン

■無料体験受付中

12回の閲覧