ちょっとした技でかっこよくなるギター奏法

本当にちょっとした事で、音の響って凄い良く聴こえるもんなんですよ。そのちょっとした技の紹介で、今回はストロークで使える技です。

例えば良くあるコード進行でのストローク

王道なストロークパターンです。これをジャカジャカ弾いても、もちろんOKです。これを更に上級者っぽく聴かせる、オススメな技がありまして、まず各小節の最後の音に注目してください。

ストロークは手首を使って一気にピックを振り切る感じですが、この小節最後の音、赤枠内の時だけ、少しゆっくりストロークしてみてください。

1弦からアップでポロロロと弾く感じです。あまりゆっくり過ぎると、BPMに合わなくなってしまうので、気持ちゆっくりアップでストロークさせると良いと思います。

こうすると、音がきらびやかに聴こえ、コードチェンジ感も出て、普通のストロークが、

一味効かせたかっこいいストロークになります。

あまりやり過ぎるとクドイかもなので、たまにさり気なくやると良いと思います。ここ大事。

さらにストロークをかっこよくしたい!って方はこちらをチェックしてみてください。↓

・コードチェンジがうまくできない。。。

・ありきたりなストロークになってしまう。。。

・理想の音が鳴らない。。。

・もっと自然なストロークにしたい。。。

という方にオススメな教材内容となっています。

さらにレベルアップさせたい方にはこちら↓

・ありきたりなストロークになってしまう。。。

・ストロークのバリエーションを増やしたい。。。

・音使いの幅を広げたい。。。

・速いストロークを弾きたい。。。

・コード構成を把握してギターを弾きたい。。。

という方にオススメな教材内容となっています。

バイトーン音楽教室

13回の閲覧