top of page

ドロップチューニングって何?

更新日:2022年10月12日

バイトーン音楽教室

ギターのチューニングはレギュラーですか?レギュラーチューニングは6弦から

E A D G B E

となってます。このチューニングが1番多いと思いますが、メタルやミクスチャーやハードロックなど、ラウド系音楽のギタリストはチューニングを下げてる方も多いかと思います。

レギュラーチューニングを半音下げ、1音下げ、1音半下げと、全弦を落とすダウンチューニングは、下げれば下げる程、音が低くなるので、ラウドミュージックの命でもある低音が強調されヘビーなイメージの曲に相応しいという感じです。

そんな低音を強調するチューニングに、6弦だけを1音落とすドロップチューニングというのがあります。このドロップチューニングですがレギュラーチューニングでも簡単にできますので、やった事ない方は1回やってみても良いかと思います。

レギュラーチューニングで6弦「E」の音を1音下げの「D」にするだけです。

こうすると「ドロップD」となります。6弦だけ1音下げ 5〜1弦はレギュラー。