top of page

超!キレのあるカッティング


前回のブログでキレのあるカッティングは実音(押し弦)の時間を短くするという話でしたが、今回は更にキレのあるカッティングを紹介します。

実音を長くするとゆったりカッティング。実音を短くするとキレのあるカッティング。超キレのあるカッティングはこの実音の長さではなく、音が鳴るか鳴らないかのハーフミュートを狙います。実音で弾いてる所をハーフミュート音にします。

なのでカッティングの関係が1実音(ハーフミュート) 2ミュート 3休符となります。

※今回と前回のレッスン動画の演奏は休符は入ってないです。

このハーフミュートとミュートの音を合わせると超!!!キレよく聴こえます。ここでポイントとなってくるのがハーフミュートの力加減です。本当に少し力を入れるだけです。最初は1弦だけで練習するのもアリだと思います。このハーフミュートだけ弾くとヘンテコな音に聴こえますが、ミュート音と合わせて弾くとめちゃくちゃキレよく聴こえます。

前回も少し話したのですがBPM200とかの速い曲になると必然的にこのカッティングになります。なぜなら曲が速すぎて押し弦してる時間がないからです。なのでSKAPUNK系のギターリストは当たり前のようにやってます。ですがこの奏法はゆっくりな曲にも使えます。ということはゆったりカッティング!そしてキレのあるカッティング!そして超!キレのあるカッティング!この3つを使い分けする事ができます。

使い方に決まりはありませんが、例えばAメロはゆったり、Bメロはキレ、