C9とCadd9の違い

コードは、色々と省略されて表記してる事が多いです。普通のCコードも正確には

「Cメジャー」です。ですがメジャーと表記するのが面倒なので、「Cメジャー」の時は「C」でいきますね。そのかわりマイナーの時は「m」付けるからそこで判断してねー。

という感じで、コードは省略されて表記されてる事が多いんです。

よく質問されるコードが「C9」と「Cadd9」の違いです。これも省略されて表記されてるので、違いがよく分からないと思います。

まず、「Cadd9」ですが、そもそも「add」って何?と思いますよね。この意味を理解すると、「あーなるほど」となります。

add=付け加える。という意味です。

ド.レ.ミ.ファ.ソ.ラ.シ.ド.

ドから1234....と数えると、Cコードは「1度ド」「3度ミ」「5度ソ」の3和音構成。この3和音に、9番目の音「レ」を単純に付け加える。これがCadd9の意味です。

そしてC9ですが、正式にはC7(9)になります。

そうなんです。実は7thの音が入っているんです!この7thを省略して表記しています。なのでC9は、9番目「レ」と更に7番目「シ」も弾いてね。という意味になります。

まとめると、

「Cadd9」はCコードに9番目の音を単純に付け加えるだけ。

「C9」は更に7番目の音を足す。

といった感じです。省略されてると意味が分からない事もありますが、慣れると凄い便利になるんですよね。

新宿から小田原まで急いで行ける電車路線。それを省略して小田急線。みたいな感じですかね。うーん。この例えは違うなー。

バイトーン音楽教室

324回の閲覧