Cメジャーダイアトニックコード4和音を簡単に覚える方法

コードの基本トライアド(3和音)をいつもブログで書いてきましたが、今日は更に1音足した、4和音(7th)の説明をします。

トライアド(3和音)は1度、3度、5度の構成で、4和音は7度の音を足します。6度などの音も足して4和音にしますが、まずは7度(7th)から覚えた方が良いと思います。

※ちなみにトライアドとは3人組、3つ組とかの意味で、トリオと同じような意味です

この7番目の音。7thがですね、長7度と短7度ってのがあります。長7度の時はM7と表記されるのですが、短7度はただの7だけで表記されます。

Cコードはド(1度)、ミ(3度)、ソ(5度)の3和音。これに7thのシ(7度)音を足すと、

ド(1度)、ミ(3度)、ソ(5度)、シ(7度)の4和音で、コードの名前はCM7になります。もし、C7にした場合、7は短7度なので、シ♭になり、Cメジャースケールである、

ド.レ.ミ.ファ.ソ.ラ.シ.には入っていない、音になります。ですので、Cメジャースケール内の音でCコードを4和音にする時は、

.レ..ファ..ラ..

これを組み合わせると、コード名がCM7になり、Cメジャースケールにバッチリ合う4和音になります。

次にレの音をルートにしてコードを作る時はまず、レから123....と数えてください。

ド..ミ.ファ.ソ..シ.ド.

(1度レ) (3度ファ) (5度ラ)の3和音。これをコード名にすると、Dmになります。そして更に7番目の音を足すと、

ド..ミ.ファ.ソ..シ..

「レ」から1234...と数えると、「ド」の音が7番目になり、コード名はDm7になります。

こんな感じでM7(長7度)と7(短7度)が入り混じっているので、混乱すると思いますが、覚え方は簡単です。

CM7|Dm7|Em7|FM7|G7|Am7|Bm7(♭5)

ど頭のCと4番目のコードFの時だけ、M7なんです。あとはただの7です。なので、トニックとサブドミナントだけ、M7と僕は覚えています。良かったら参考にしてみてください。

最近バイトーン音楽教室では、作曲レッスンの生徒様が増えております。要望に合わせた作曲方法を、しっかりレッスンしていきますので、作曲に興味ある方は是非、無料体験レッスンもありますので、お気軽にご連絡ください。

バイトーン音楽教室

31回の閲覧