top of page

C7とCM7の違い

更新日:2022年10月12日

C7とCM7の違いは、たった1音ですが全く違う雰囲気になります!

まずCM7ですが、 Cコードは(1度ド)(3度ミ)(5度ソ)の3和音。


この(1度ド)(3度ミ)(5度ソ)の3和音に7番目の音を足します。

シの音が7番目の音なので、の4和音にすると、CM7の出来上がりです。なので、CM7は単純に7番目の音をプラスするだけです。

次にC7。こちらはMの表記が無いです。Mの表記が無い7の意味は、「7番目の音を♭させてくださいねー」という意味が含まれています。

C7=Cの3和音+♭7度(短7度)

CM7=Cの3和音+7度(長7度)

という感じです。なのでC7はCメジャースケールの、

「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」 の中には無い、スケール外の音「シ♭の音が入ります。

鍵盤でいう黒鍵部分になります。ですので、M7と7は半音隣の関係です。ダイアグラムで見ると、C7はこう↓



CM7はこう↓



3弦だけ半音違い。たったこれだけですが、響きは全く違います。ぜひギターで弾いてみてください。CM7は切なく綺麗な雰囲気。C7は何とも言えない不思議な雰囲気です。

ポイントは7番目の音を♭させるか、させないかの違いです。


他にも効率良くギター上達する練習方法や、コードを綺麗に鳴らす手首の角度、親指の位置、一人ではどうしても越えられない壁を、レッスンで必ず上達させますので、ギター上達したい方は無料体験レッスンから、お気軽にお申込みください。

 

閲覧数:16,304回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page