ギターコードチェンジのやり方

December 11, 2018

コードは時間をかければ誰でも押さえられます。練習すればその時間が短くなり、素早くパッとコードを、瞬時に押さえられるようになります。

 

そしてコードチェンジもスムーズになり、色んな曲をコードで弾けるようになるのですが、レッスンの時など、凄い勿体ない動きをするコードチェンジをよく見かけます。

 

例えばCからGにチェンジする時、Cはこの形です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてGはこうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで中指と薬指に注目してください。形が似てません?

 

C

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです。押える弦が違うだけなんです。

 

だったらこのCからGにチェンジする時、中指と薬指の形を崩さず、その形を生かしたまま、1個上の弦に移行するだけの方が効率良くないですか?

 

コードチェンジの写真を間に入れると

 

まずC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして中指と薬指の形を崩さず1個上の弦に移行して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

押さえてGの出来上がり!この時小指もつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に勿体ない動きは

 

C

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一回弦から指が遠く離れて(勿体ない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく形が一緒なのに、指が遠くなり形を崩しています。これは本当に勿体ない!!!勿体無いお化けが呆れるほど勿体無いです。これ前にも言ったな。。

 

この勿体ない動きがミスに繋がったり、コードチェンジを遅らせる最大の原因なんです。

 

他にも沢山のコードがあり、そのコードによってチェンジポイントがあります。このポイントを学び練習すると、凄い効率よく上達できますので、コードチェンジをスムーズにしたい方はぜひ、バイトーン音楽教室ギターレッスンをご受講ください。

 

ギタースタジオ個人レッスン

 

ギタースカイプ個人レッスン

 

無料体験レッスン受付中

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 1, 2018

November 30, 2018

November 29, 2018

November 28, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索