米津玄師 ピースサイン

弾いてみました。後半にスロー演奏もありますので、細かい指使いも見やすいかと思います。ぜひ参考にしてみてください。

この曲のポイントは、まずチューニングを半音上げます。

6弦→F

5弦→A♯

4弦→D♯

3弦→G♯

2弦→C

1弦→F

になります。そして一番の難問であるサビのフレーズですが、ハイポジションになりフレット幅が狭いので、指使いが大変です。

慣れない場合は、最初オクターブ下(人差し指を2F)で弾くと、フレット幅が広いので、弾きやすいかと思います。慣れたらハイポジで弾いてみてください。

26回の閲覧