ミスを無くすフレージング

発売中のカッティングフレーズ集にこんなフレーズがあります。

シャッフルリズムで、ブルージーなフレーズなんですが、最初D7のコードを弾いて、すぐにハイポジションに移動してのフレージングなので、こういう時ミストーンに繋がる可能性が高くなります。

ここでミスなくスムーズにフレージングする重要ポイントが実は隠されています。

最初のD7コードの後、ブラッシング音があります。これを上手く使います。

赤丸で囲まれた箇所のブラッシング音。

この時、律義にD7の形のまま、弾かなくてもいいんですよ!

ブラッシング音、カッティング音は、弦さえミュートしてたらOKなので、どこのフレットでも問題ありません。

なのでこの時、D7コードを弾いたと思ったら、13フレット(ハイポジション)辺りに指を移動しています。

そして大事なのが、移動している時、弦から指を離さず移動します。離してしまうと開放弦が鳴ってしまうので。

弦をなでるように、ハイポジションに移動してる時ピッキングすると、ブラッシング音も弾け、そしてスムーズにハイポジションへ移動できます。こうすると余裕をもってフレージングできます。

ミスの原因は余裕がない時。今弾いてるフレーズで頭がいっぱいで、次の事を忘れた時に起こりやすくなります。

ですので、ブラッシング音を上手く使い、余裕を作るフレージングをオススメしています。

この他にも、カッティング奏法で必用なポイントを教材で解説していますので、気になる方は是非是非!■基礎も学べるカッティングフレーズ集をご覧になってください。

7月29日(日)まで特典付きです!

11回の閲覧