ギターコードの覚え方

February 3, 2019

コードを覚えられない!そしてコードチェンジがうまくできない!という方にアドバイスです。

 

コードは形で覚える!です。

 

「何弦何フレットに薬指を置いて、そして中指は.....」と数えるような覚え方ではなく、

 

まずは指の形で覚える事をオススメしています。

 

例えばCコード。Cはこの押さえ方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人差し指(人)から斜め上に中指、薬指と階段のように上がっています。これを僕はこんな風にイメージしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指を斜めにした形。本当にザックリですがこんな風に形で覚えています。

 

Dコードなんかも本当に簡単で、何弦何フレットにあの指で...とか数えていなく、こうイメージして覚えています。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dは三角の形!細かい事はとりあえず置いといて、自分が覚えやすい形などをイメージしてコードを覚えています。

 

Cはこの形、Dはこの形、Amはこの形と、僕の中で各コードの形があります。

 

そしてここから大事なのですが、その形をギターを持たずに、指だけで作る練習をします。Dの三角ならこんな感じで作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは何処でも練習できるので、ギターを持たなくてもコードを形でドンドン覚える事ができます。電車の中、会議中の机の下、歩きながらでも。

 

あとは実際にギターを持って、その形をフレットで作ってください。弦が違ったり、フレットが違っても最初は大丈夫です。その形を瞬時に作る事が大事です!

 

コードチェンジが遅い理由は、指の形をしっかり覚えていないのが原因です。

 

1本1本指を作るのではなく、瞬時にその形を一気に作るイメージで繰り返し練習すると、コードチェンジも速くなってきます。

 

そして、コードチェンジの練習をする時、指板を見ないでください。これかなり大事です。

 

目で見ながらコードを押さえると、目に頼りすぎてしまうんですよ!

 

そして指板を覗き込むようになるので、姿勢も悪くなり、その悪い姿勢が指に悪影響をあたえ、しっかりした音が鳴らなくなります。

 

なので、指板を見ないで感覚でコードチェンジの練習をしてください。そして間違った時に初めて何が間違っているのか、目で確認してください。

 

「あ!中指が下に行き過ぎた」とか、「フレットが違う」など間違いをしっかり把握して、また見ないで練習する。

 

これを繰り返すと、指板を見なくてもスムーズにコードチェンジができるようになってきます。

 

まとめますと、

 

1、コードは形で覚える。形の覚え方は自由。

 

2、ギターを持たず指だけで形を作る練習。

 

3、実際にギターを持ってコードの形を作る。指1本1本ではなく瞬時に形を作る。

 

4、コードチェンジの練習は指板を見ず、感覚で練習。

 

この方法を生徒さんに教えてから、本当に皆さんコードチェンジが速くなりましたので、是非お試しください。

バイトーン音楽教室

 

ギタースタジオ個人レッスン

 

ギターオンライン個人レッスン

 

ギター無料体験レッスン受付中

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 1, 2018

November 30, 2018

November 29, 2018

November 28, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索