TAB譜は疑う

August 13, 2018

この曲を弾いてみたいなー!という時、皆さんどうしていますか?簡単な曲なら耳コピでOKなのですが、どうしても耳で聴き取れない、弾き方が分からない時は、やはり視覚でも音を確認できるTAB譜が必要になってくると思います。

 

これで安心!弾きたい曲を完コピできるー!と思いきや、実はTAB譜は間違いが結構あります。

 

その中でも一番多い間違いが、ポジションの間違いです。例えばこんなフレーズがあったとします。

これ最後の音だけ、異様に離れていませんか?手前まで10〜12Fあたりのポジションなのに、最後だけ1Fまで一気に飛びます。

 

これって弾き慣れた方なら、「え?」と疑問を抱きポジションの間違いだなと、すぐに気がつくのですが、ギター初心者の方ならこれが正解だと思い、この間違った弾き方のまま練習してしまいます。

 

本当の弾き方はこうです。かなり弾きやすくなります。

そうなんです。1弦1Fの音も3弦10Fの音も、同じ音なんです。ターブも全く一緒です。ですので、音的には間違っていないのですが、サウンドが全く違います

 

1弦1Fの音と3弦10Fの音は同じF(ファ)の音ですが、弦の太さが違うので、音の太さも変わってきます。

 

ですので、最初の間違ったTABだと、1弦1Fの音だけサウンドが細くなります。これって不自然なサウンドなんですよ。わざとそういう弾き方なら問題ないのですが、大抵は近くのフレット辺りでフレーズを奏でます。

 

ですので僕はある程度、TAB譜を見てポジションを把握し、弾きにくい箇所はもう1度弾きにくい箇所のサウンド(太さ)を聴いて、ポジションを確認しています。

 

フレーズのサウンドを耳コピする感じです

 

こんな間違いが譜面には結構ありますので、なんか弾きにくいとか、サウンド(太さ)が違うなとか、極端にフレーズが離れてる時は、ぜひ他の弦で同じ音を探してみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ギター教室、レッスンスタジオの詳細を分かりやすくしました。もしお近くにお住まいで、ギターをスタジオでレッスン受けたいなという方は、ぜひ各スタジオの詳細をチェックしてみてください。

 

スタジオ内の写真など見れますので、雰囲気が伝わると思います。

 

新宿店 下北沢店 梅ヶ丘店 経堂店 狛江店 登戸店 生田店 町田店

 

から選べます。狛江店凄いです。何故なら、なんとBarがあるからです。生徒さんによっては、レッスン終わってから一杯飲みながら、ギターの話や全く関係ない話などしています。

 

ぜひ各スタジオの雰囲気を見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 1, 2018

November 30, 2018

November 29, 2018

November 28, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索