狙った弦を弾けない、、、

August 17, 2018

ギターは指板で弦を押さえ、そしてピックでその弦をはじいて、やっと音が鳴ります。いくら指板でしっかり押さえていても、弦をはじかないと音が鳴りません。

 

僕も最初の頃は、狙った弦だけを弾くのが難しく、挫折しかけた事がありました。6弦だけずっと弾くとか、同じ弦を続けて弾くフレーズはまだ弾けたのですが、スキッピング奏法(弦飛び)と言って、異弦を弾く奏法が凄い苦手でした。

 

出したくない他の音が鳴ってしまう!狙った弦をうまく弾けない!

 

という悩みに直面し、試行錯誤して何とか、その悩みから脱出したのですが、この悩みはギタリストなら、必ず通る壁だと思います。

 

弾けるようになってから、気がついたのですが、その時の僕は、手首をうまく使ってなかったんです。手首をガチガチに固め、肘で弾くような感じ弾いていました。

 

例えばこんなフレーズがあるとします。

6弦はダウンピッキング、4弦はアップピッキングで弾くのですが、間にある5弦を弾いてしまったり、3弦を弾いてしまったりと、ま〜うまく弾けないんですよ!

 

で!この時に大事なのが、手首の動きを使う事です。

 

最初僕は手首の回転を使ってダウンピッキング、アップピッキングが出来るという事を知らなく、手首を固めて肘を動かし、ダウンアップをしていました。

 

分かりやすく例えると、字を書く時、指と手首をガチガチに固め、肘の動きだけで字を書くイメージです。小さい子供ってそういう書き方しますよね。でもそれが成長と共に、手首や指の関節をうまく使いこなし、ドンドン字が上手くなっていくと思います。

 

ギターも一緒で、手首の関節を利用すると、動きの微調整がやりやすくなるので、ミスタッチが減り、ナイスなフレージングになってくると思います。

 

あと大事なのが、ピッキングの小指で軸を作る事です。

 

今回のような6弦4弦のフレーズの場合、その下の弦は弾かないので、3弦辺りに小指を置くと、ピッキングの位置がズレないので、これまた狙いを定めやすくなります。

 

僕はギターボディーか、1弦に小指を置く事が多いですが、これに決まりは無いので、自分の好きな所に、小指を置いて軸を作ってください。

 

軸を作らないと、ピックと弦の距離が離れてしまいます

 

なんでもそうですが、狙いの距離は遠いほど難しいです。

 

極端な話、ピックの腕を前に真っ直ぐ伸ばし、素早く4弦だけを弾いてください。と言われたら大抵は違う弦も弾いてしまいます。

 

試しに今やったら奇跡的に弾けました。笑

 

ですので小指を置いて弦からピックが離れないようにし、弦とピックの距離を一定にすると、かなり弾きやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめると、

 

1.ピッキング手首の動きを使う。

 

2.ピック側の小指で軸を作る。

 

です!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「バイトーン音楽教室」

 

■ギタースタジオレッスン

 

■ギターオンラインレッスン

 

■無料体験レッスン受付中

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 1, 2018

November 30, 2018

November 29, 2018

November 28, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索