ピックでサウンドは変わる

September 16, 2017

 

 

皆さんどんなピックを使ってますか?

色んな形のピックがありますが大きく分けてティアドロップとトライアングルの2種類が主にだと思います。ナミダとオニギリという言い方もします。やっぱりティアドロップの方が多いんですかね?僕はトライアングルなんです。理由は角が3つあるので経済的なのと持ちやすさですね。トライアングルにもメーカーによって少し角度が違ったり、あとは厚さなども好みが分かれると思います。

 

僕が好きなピックはこちら。JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE 0.73mm

 

 

 

厚さは普通のMIDIUMで素材がザラりと滑りにくく、耐久性も良いです。そして亀のマークが好きです。少し癖のあるピックだと思いますが、僕には相性が抜群です。そして僕の大好きなBRIAN SETZER もJIM DUNLOP TORTEXを使用してます。ティアドロップですが。

 

昔はピックなんてどれでもいい!そんなのにこだわってたらダメだ!と思っていて、ピックを持たないでステージに上りその場で落ちてるピックを拾ってプレイし、ない場合は指で弾いてました。その行き当たりばったりがカッコイイ!と真剣に思ってました。(笑) なんだったんでしょうかあの変な反抗期。

 

ピックは厚みでサウンドが変わるので機材と一緒だと思います。ギタリストのプレイによって様々ですが薄いピックはストロークの時など低音とエッジがマイルドになるのでまとまり感のある優しいサウンドになります。厚いピックは音g太くなりハードロックやメタルなど重低音を前に出したい時にはもってこいです。パワーコードのミュート音とかズンズンきて気持ちいいんですよ!レコーディング時、曲のフレーズによってピックを変える方もいますので、当たり前ですがやはりピックは大事です!そして皆さんのオススメピックがありましたら、ぜひぜひ教えてください!

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 1, 2018

November 30, 2018

November 29, 2018

November 28, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索