Fコードの押さえかた

コードには色々なフォームがあります。Emみたいに簡単な押さえ方からセーハ系のF(13)など難易度の高い押さえ方まで様々あります。


よく聞く話でFが押さえられなくてギターを挫折してしまった。なんて話を耳にします。確かに最初は難しいです。僕もどれかの指がしっかり押さえられなくて、音が鳴らない箇所がありました。


それでもなんとか試行錯誤して、音が鳴るようになったのですが、今でも気を抜くと鳴らない音が出てきます。


この気を抜くというのがポイントで、力任せではないんです。セーハをするコツが何個かありまして、このコツの意識を忘れて、押さえると今でも音が鳴らない箇所が出てくるというわけです。


そこで今回Fで挫折する方を一人でも減らしたく、僕がFで押さえる時に気をつけてるコツを紹介しようと思います。


まず Fで大事な人差し指のセーハです。僕の場合、指の真ん中で押さえるというより、少し指の側面で押さえるようにしてます。


そして大事なのがネック裏の親指です。2フレットの真後ろに親指がいてネックを挟む感じがベストです。この時に親指は絶対に寝かせない事です。



これでセーハの形が出来上がるのですが、音が鳴らない箇所がありましたら、少しわきを締めると自然と指に力が入りやすくなります。


このわきの締め具合もかなり重要です。自然に力が入る締め具合を探してみてください。


あとは他の指ですが、指の頭で押さえるイメージです。こうすると下の弦に指があたらなく全部の弦が綺麗に鳴ります。


最初は5フレットあたりからのセーハ練習をオススメします。そうすると指に力が自然と入り押さえやすいです。


そして徐々に1フレットに近づき、Fコードの出来上がりです!


Fでお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

1回の閲覧