低音感のあるアルペジオ

アコギでもエレキでもよく使う奏法「アルペジオ」アルペジオはコードを押さえ弦を1本1本弾くのですが、弦を弾く順番は特に決まりがありません。


でも一つだけ気をつけてほしいのが、コード感をしっかり伝えた方が良いと思います。

コード感がないと初めて聴く人は「?」しか残りません。わざとそういう演出ならアリですが、ただ適当にアルペジオをすると曲の雰囲気が伝わりにくくなります。


コード感とはルート音をしっかり出す事です。ルート音とは一番主役となる音です。例えばCコードなら5弦3フレットの音です。Eコードなら6弦開放弦。Fなら6弦1フレット。


押さえたコードの一番低音がルート音(主役)になります。そのルート音(主役)に3度や5度などの音が合わさって和音となるので、主役を弾かず3度や5度だけ弾いても、「?」になるという感じです。


麻婆豆腐で例えると豆腐が無いみたいな感じです。そこで今回低音感をしっかり出すアルペジオを紹介します。名付けて!


「低音感のあるアルペジオ」


○が低音部分です。小節の頭と終わりを低音にして、次の小節に繋げると低音、コード感が全面にでるアルペジオになりますので、弾き語りの方は勿論、バンドでもベースが無い箇所のアルペジオには持って来いです!


ストロークの場合はコードを一気に弾くので、自然とルート音が入るのですが、アルペジオの場合は1本1本弾くので、ルート音を意識することが大事です。動画でも解説してますので良かったら参考にしてみてください。



10回の閲覧