「ワンコード表現遊び」これ流行ってます。僕の中だけで。

前から誰にも言ってない遊びが僕の中でずっと流行ってます。誰かに教わったとかではないのですが、勝手に考えて勝手にニヤニヤしてる遊びです。


たまに爆笑もする遊びなので、ぜひ紹介したいなと思います。


どういう遊びかと言いますと、人や物や季節などをギターコード1つで表現するという遊びです。コード1つです。例えば「田中角栄」この人は凄い人です。まさにブルドーザーみたいな人だと、なんかのTVでやってました。そのイメージが強く田中角栄は僕の中でコードで表現すると


パワーコードなんです。


パワーコードは1度5度しか鳴ってないコードで、マイナーだろうがメジャーだろうがどこでもズケズケ使えます。まさにブルドーザー!


といった感じの遊びです。ちょっと楽しそうじゃないですか?もっと例えると、じゃー次は季節で例えます。


「春」


春っていいですよね。特に僕は北海道中標津近辺出身ですので、寒い冬が終わり雪も溶けて、やっと暖かい日々が来るのかと思うとやっぱり嬉しくなります。


新しい何かが始まりそうな予感。何か良いことが始まりそうな予感がする、希望に満ちた季節です!これをコードで表現すると!


Csus4です。


「おいおい。何言ってんだよ」と思ったあなた!今一度ギターを手に取り弾いてみてください!メジャー3rd音が4度に上がり、明るさが更に強調され、希望に満ち溢れてる感じがしませんか?しかも4度の音がtopにくるこのフォームです。

理解してくれた方!!  友達になってください。



逆に今度はスリリングな場面。えー例えば映画やドラマなどで危機一髪なシーン。高い所から落ちそうになりながら戦う場面!やばい!大切な命を落としそう!!!!!


ジミヘンコードです。

このスリリングな音!危険な匂いプンプンですよね!


てな事を独りでやってます。楽しくないですか?


そして昨日から嫁と子供が、嫁の実家宮崎に帰ってしまい、寂しくてこのブログを書きました。そんな気分をコードで表現すると!!


FM7です。

この遊び流行んないかな〜。。。

4回の閲覧